はじめに【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴の黒ずみって悩みのタネですよね。
私も悩んで、いろいろなことを試しました。まちがった方法もたくさん試して
肌を余計にいためたりしたことも....。

それでわかったのは、栄養や生活、健康面のすべてが肌にあらわれるということです。
肌の表面だけのケアだけじゃダメなんですね。

少しでもこのサイトがみなさまのお役にたてれば幸いです。


毛穴 黒ずみ対策センター もくじ

■毛穴 黒ずみの原因■
毛穴 黒ずみの原因

毛穴の種類

角栓のできる原因

皮膚のたるみと毛穴の関係

シャンプーと毛穴の関係

肌に良い栄養素 ビタミンB2B6

皮脂が過剰に出る理由その1

皮脂が過剰に出る理由その2

肌に良い栄養素 ビタミンE

毛穴の黒ずみとにきび

肌の大敵 睡眠不足

過酸化脂質ってナニ?

肌に良い栄養素 ビタミンA



■毛穴 黒ずみにしてはいけないこと■
毛穴 黒ずみにしてはいけないこと

毛穴パックについて

あぶらとり紙

洗顔時にゴシゴシこする

毛穴吸引について

スクラブ洗顔

タバコとビルはビタミンキラー?

糖分をとりすぎると肌が.....

水分のとりすぎが肌に悪いの?




■毛穴 黒ずみに良いケアは■
毛穴ケアの基本

蜂蜜の裏技

毛穴をひらく方法

肩こりと肌の関係

テカリには保湿を

季節による皮脂量の変化

ヒアルロン酸

コラーゲン

蒸しタオルは肌と脳に効く?



■毛穴 黒ずみの肌別スキンケア■
肌質のタイプ

自称敏感肌について

敏感肌の3タイプ

脂浮きには朝パック




■毛穴 黒ずみ食事編■
毛穴 黒ずみ、肌に良い食事とは

脂性肌、混合肌のための栄養

肌に良い栄養素ビタミンC

テカリ対策には食物繊維を

ポテトチップスの恐怖

ポリフェノールは美肌にもよい!

■毛穴 黒ずみの治療法■
ケミカルピーリング

メドライトピール

ジェットピール

ダイヤモンドピーリング

クリスタルピーリング

フォトフェイシャル




■毛穴 黒ずみにオススメ■
毛穴カバー効果バツグンの化粧下地

韓国の黄土パック流々亜






毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

肌に良い栄養素 ビタミンA【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

肌に良い栄養素 ビタミンA


(ビタミンAの働き)

 ・皮膚や粘膜をつくる栄養素です。

 ・肌の保湿力を高める働きがあります。

 ・皮膚の他に髪をつくる働きがあります。

 ・にきびや浅いシワの回復に役立ちます。

 ・皮脂を抑える効果もあります。 



(多く含まれる食品)

 かぼちゃ ブロッコリー にんじん 小松菜 ほうれんそう



....ビタミンAは、とにかく乾燥に良いそうです。

健康な肌のために積極的にとっていきたいビタミンです。


注意点としては、催奇性(物質が生物の発生段階において奇形を生じさせる性質、
作用のこと)があるため、妊婦の方は過剰摂取は避けてください。

サプリメントは過剰摂取になりがちなので、妊婦の方は食品でビタミンAをとった方がよさそうです。


だけでなく、健康な体のためには、やはり魚、肉、野菜をバランスよく食べることが大事なのですね。







毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

過酸化脂質ってナニ?【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

過酸化脂質ってナニ?



過酸化脂質とはひとことでいうと「お肌のサビ」

フリーラジカルと呼ばれる活性酸素が皮脂と結びついてできるものです。
皮脂が数時間たつと、過酸化脂質になります。

皮脂分泌の多いオイリー肌の方が、過酸化脂質を作り出しやすいのです。



長時間メイクをしているとメイクの油分と皮脂が反応して、過酸化脂質になやすく、肌のくすみや老化の原因になります。

また肌にニキビ等がある場合は、皮脂と反応したメイクの油分(過酸化脂質)はお肌に対して刺激物になります。

これを防ぐには、化粧直しをまめにすること。

そのつど洗顔するのはムリとしても、クレンジングシートで1度ふきとってからファンデーションを塗りなおして、「長時間メイクしっぱなし」の状況を避けた方が良いとのことです。


......私、今まで長時間メイクしっぱなしでした。
もう肌は酸化しまくりなんですね。

いや、今からでもスキンケアは遅くない!私もがんばります!



毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

肌の大敵 睡眠不足【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

肌の大敵 睡眠不足



今回は睡眠についてです。

よく「お肌のために睡眠をとった方がいい」と言います。

睡眠は生物の三大欲求(睡眠欲、食欲、性欲)の中で一番強いもので、マウスの実験などで睡眠をとらせないと、マウスはすぐに死んでしまうほど、睡眠は大事なものなのです。



お肌のための睡眠を科学的に言うと
夜10時〜2時までの間に皮膚の細胞は活発に働いて、新陳代謝をし、肌荒れや肌のトラブルを修復します。

この時間に睡眠をとっていないと、肌は新しい皮膚を作り出せずに肌は老化してしまいます。



ですから、この夜10時以降に睡眠をとるのが良いそうです。

肌のケアも、夜10時前に行うのが効果的です。



睡眠中は肌の他にも、成長ホルモンが出て、それが体の代謝やダイエットにも役立つのだそうです。

身近なことですが、睡眠はけっこうあなどれないですね、




毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴の黒ずみとニキビ【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴の黒ずみとニキビ



毛穴の黒ずみにきびは、同じ皮脂の過剰分泌や角栓のつまりから起こります。

私は不勉強で、この2つはなにか違うものだと思っていたのですが、
本質は同じなんだそうです。


毛穴に角栓がつまって先端が黒ずんだ状態、つまり毛穴の黒ずみ
黒ニキビ(別名ブラックヘッド)と呼ぶそうです。

黒ニキビの上にまた古い角質がおおいかぶさると、白ニキビ(ホワイトヘッド)と
なります。


白にきびは表面から見ると白いので、毛穴の黒ずみよりも目立たないで
良いと思いがちですが、実際は毛穴の出口をふさがれている白ニキビの方が
より深刻な状態なのです。

白にきびが化膿してしまうと、素人には打つ手なし。
皮膚科のお世話になります。


毛穴の黒ずみ黒ニキビ状態のうちに毛穴ケアをして、白ニキビまで進行させない
ことが大事なのですね。

毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

肌に良い栄養素 ビタミンE【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

肌に良い栄養素 ビタミンE


(ビタミンEの働き)

 ・肌の酸化を阻止します。←肌の酸化は「肌のサビ」とも言われています。

 ・細胞の老化を防いで、血管を広げて血流を良くする働きがあります。

 ・別名「若返りのビタミン」と言われ、シワを防ぎます。

 ・抗酸化作用により、シミやソバカスも防ぎます。



(多く含まれる食品)

 玄米 ピーナッツ かぼちゃ 植物油 にら



....ビタミンEってすごい作用なんですね。

細胞の老化を遅らせるということで、近年大注目のビタミンだそうです。

細胞の老化防止ということはアンチエイジングに役立つということですね。


玄米も、マクロビオティック等でダイエットにも役立ち、美肌にも役立つなんて
ステキすぎます!

やはり精製していない食べ物(玄米、黒糖など)の方が栄養豊富で体に良いんですね。


毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

皮脂が過剰に出る理由その2【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。


なぜ皮脂が過剰に出るのか
 その2



私たちを悩ませる毛穴の黒ずみにきびは皮脂の過剰分泌から起こります。

皮脂の過剰分泌の理由は、その1の体内の男性ホルモンなのですが、
どうして男性ホルモンが多くなってしまうのでしょうか?



(理由 その2)ストレス

心身のストレスによって、体内のアドレナリン(興奮状態のホルモン)が
急上昇してアンドロゲン(男性ホルモン)が過剰に分泌されるそうです。

   そして男性ホルモンが増えた結果、肌がオイリーになる
        
              ↓

         皮脂が過剰に分泌される

              ↓

     結果、毛穴の黒ずみにきびテカリに悩まされる



こんな恐ろしい図式ができあがります。



アドレナリンは心や体が興奮したときに急上昇します。


たとえば、毎日の仕事で時間に追われてお昼ご飯も満足に食べられない、
いやな上司とのやりあい、新人類な部下の指導、睡眠不足でいつも
自分がキリキリイライラしている.....。

こんな毎日が知らないうちにストレスをためてしまうそうです。

いっしょうけんめいがんばって働いているのに、その結果の肌荒れなんて
なんか悲しくなってしまいます。



ストレスというものは本当に体全体に悪影響を及ぼしていくのです。

趣味でも友達とのおしゃべりでも何でも良いので、1日の中でストレスをうまく
解消していくことが大事なのですね。


私もストレスをためがちなので、反省しました。


毛穴の状態は、結局私たちの健康状態や内面があらわれているのだと感じました。




毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

皮脂が過剰に出る理由その1【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。


なぜ皮脂が過剰に出るのか



脂性肌や混合肌の方は、過剰分泌される皮脂に悩まされています。

過剰な皮脂はテカリ化粧崩れ毛穴の黒ずみ、にきびの原因になります。


体質といってしまえばそれまでですが、なぜ皮脂が過剰に出てしまうのでしょうか。

少し調べてみました。




 体内の男性ホルモンが多い

  体内で男性ホルモンが多いと皮脂が多く分泌されるようです。
  その理由で、男性の方が女性よりも肌が脂っぽい傾向になります。

  ....この理由はなんか激しく納得しました。
  
  男性ホルモンが強い男性は後年頭髪が抜けやすくなりますが、
そういう方の肌はたいていテカテカしています。


  女性の場合、男性ホルモンが強いと体毛やヒゲが濃かったり、いわゆる
  毛深い体質の方が多いようです。


  毛深い=男性ホルモンが多い=皮脂が過剰 
  という公式が成り立つとすると....完全に私に当てはまりました。


 

  それでは少しでも皮脂を抑える方法はないのでしょうか?

以前エステの方に皮脂を抑えるには大豆がよいと教わったことがあります。


特に豆乳等は大豆イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)に似た働き
  をするそうなので、豆乳を飲めば、男性ホルモンと女性ホルモンの
  バランスがとれるのではないかと!



....これからわたくし、豆乳を飲むことにします。(単純)



  同じ体質の方は試してみる価値ありかもしれません。

  ただ、イソフラボンはあまり過剰に摂取しても健康に良くないそうなので
  食品からとるのがのぞましいようです。



毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

肌に良い栄養素 ビタミンB2B6【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

肌に良い栄養素
ビタミンB



(働き)ビタミンB2とB6には皮脂を抑える効果があります。
   
   特にビタミンB2が不足すると、余分な脂肪が血液にたまっていき、肌の
   皮脂分泌の量が増えていきます。

   毛穴の黒ずみニキビは皮脂の過剰分泌から肌がオイリーになり、
    毛穴に皮脂がたまり角栓となったものなのです。

   オイリーな私としては、食品からも「皮脂を抑える」ものをとるように
   こころがけていきたいと思います。



(多く含まれている食品)

   ビタミンB2
       豚レバー 納豆 牛乳 パセリ サバなど



あと、ビタミンB2には「他の物質と共同して脂肪を代謝する働き」
もあるそうです!

これはもうビタミンB2とらないと!
     





毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

シャンプーと毛穴の関係【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

シャンプーと毛穴の関係


シャンプーは神じゃない、髪を洗うものです。

私はシャンプーと毛穴は何の関係もないと思っていました。

ところが関係おおありなのです!



秘密はシャンプーの順番にありました。


お風呂や洗髪する時に、私は顔を洗ってから洗髪していました。

ところがこれが×なんだそうです。


理由は、洗顔してからシャンプーをすると、シャンプーのすすぎ残しや
シャンプー剤などが顔にかかります。

それによって、シャンプー後に洗顔する時よりも
「肌を痛める確立がかなり高くなる」そうです。




.....私はコレは知らなかったです。

おもいっきり洗顔→シャンプーしていました。しまくっていました。


肌や毛穴はとてもデリケートなんですね。

あ、でも前に間違えてボディソープで頭を洗ってしまったときには髪の毛が
バリンバリンになりました。髪もデリケートです。


...なんだか何を言いたいのかわからなくなってきました。

つまり、洗顔→シャンプーから、シャンプー→洗顔に順番を変えるだけでも、肌を痛める確率をグーッと下げることができるのです。

これも小さなことかもしれませんが、美肌のためには小さなことからコツコツとがんばっていきたいと思います。


毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

皮膚のたるみと毛穴の関係【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

皮膚のたるみと毛穴の関係


洗顔もきちんとしているし、皮脂を溜めないように気をつけているのに、
なかなか黒ずみが解消されない場合は.....

皮膚のたるみが原因かもしれません!


若い時は皮脂の過剰分泌で毛穴の黒ずみが目立ちますが、加齢などにより皮膚がたるんできた場合もたるみによる毛穴の広がりによって、毛穴の黒ずみが目立つそうです。(恐ろしい.....)


見分けかたとしては毛穴の形を見ます。

・皮脂の過剰分泌の場合→ 毛穴は横にひろがっています

・皮膚のたるみの場合 → 毛穴は縦にひろがっています

   

毛穴が縦にひろがって「涙型」になっていたら完全に毛穴のたるみです。



その場合は、通常のケアに「たるみケア」「美白ケア」をプラスしてみましょう。


「たるみケア」「美白ケア」も、指の第2関節の部分まで使って
しっかり小鼻にも美容液などを塗り込みます。
そのうえで、皮脂を押さえるような毛穴ケア商品が出ていますから、メイク前にプラスすると良いそうです。


私も含めて、妙齢な方は毛穴のたるみケア美白ケアも行った方が良いと思います。
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

角栓のできる原因【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

角栓のできる原因



毛穴の黒ずみは毛穴に角栓がつまってしまい、その角栓が酸化することによって起こります。

では私たちを悩ませる角栓はどのようにしてできるのでしょうか?



1.皮脂を大量に作る毛穴(脂腺性毛胞)のターンオーバー(肌の新陳代謝)の
  リズムが崩れる


2.古い角質(肌の細胞の死骸)が毛穴にたまっていき、毛穴かじょじょに
  ふさがれていく


3.毛穴の中の皮脂と古い角質がまざって、ラードのような状態となる


4.そのラード状のものが固まって毛穴を完全にふさいでしまう



これが「角栓」だそうです。

そしてその角栓の先が酸化して黒くなり、私たちを苦しめるのです。


毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴の種類【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴の種類


私たちを常に悩ませる憎い毛穴ですが、実は毛穴には3つの種類があります。



1.軟毛性毛胞(なんもうせいもうほう) ← うぶ毛がはえる毛穴

2 終毛性毛胞(しゅうもうせいもうほう)← ひげや髪の毛がはえる毛穴

3.脂腺性毛胞(しせんせいもうほう)  ← 皮脂を大量に作り出す毛穴



1と2の毛穴は古い角質がフケとなって出ていくため、皮脂がつまりにくくなっています。

3の毛穴は皮脂を大量に作り、また古い角質や汚れが毛穴にたまりやすく、
出入り口が大きいため、毛穴や毛穴の汚れが目立つそうです。



私たちを苦しめる毛穴とは3の脂腺性毛胞となります。

 




毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴 黒ずみの原因

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴の黒ずみってイヤですね。私も気になっています。

毛穴の黒ずみってどうしてできるのでしょうか?
少し調べてみました。



毛穴というものは、皮膚呼吸をして水蒸気などを体内からら体外へと放出する役割を持っています。

また毛穴からは皮脂も分泌されています。

額や鼻などのTゾーンが顔の中で皮脂の分泌量が多く、そのため皮脂が毛穴に
溜まってしまい、それが放置されると角栓となって毛穴をふさいでしまい、
毛穴の機能を低下させてしまいます。


そのつまった皮脂、角栓が空気によって酸化して黒くなってしまうそうです。

新しい10円玉はキレイですが、空気に触れて酸化した10円玉が黒くなるのと
同じ原理なんでしょうか?


とにかく「毛穴の黒ずみ」は悩みの種です。

私も美肌を目指していろいろやっています。
私がやったまちがったケア法、正しいケア法含めて書いていきたいと
思います。
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。