水分のとりすぎが肌に悪いの?【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

水分のとりすぎ


水飲みダイエットなどで、を1日に何リットルも飲んでいる方もいらっしゃいますが、にきび肌荒れの状態でそれを行うのはのためにオススメできません。

過剰に水分を摂取すると、排出し切れなかった分はむくみになります。

過剰な水分は体内の免疫機能を下げてしまいます。

免疫機能が低下すると、体は細菌に感染しやすくなります。


にきびは毛穴の細菌感染(アクネ菌による感染)なので、過剰な水分摂取は肌にとって命取りなのです。


....これは私も知りませんでした。
なんて代謝を良くするために、飲めば飲むだけ良いと思っていました。

ちなみに1日2リットルまでならを飲んでも大丈夫だそうです。



毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

糖分のとりすぎると肌が...【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

糖分のとりすぎ


糖分をとりすぎると肌に良くない」
....これは私は初耳でした。

私は「糖分って太ったりとか、虫歯とかじゃないの?肌にも関係あるの?」と、
肌と糖分なんて何の関係もないと思っていました。



糖分を取りすぎると、体内でそれを分解するために大量のビタミンB郡が消費されます。
それらビタミンB郡は、皮脂を分解する働きがあるのですが、糖分分解のために余計に消費されると、皮脂分解のための分がなくなってしまいます。


          そして皮脂が過剰に分泌
               ↓

           肌がオイリーになる
               ↓

       その結果、毛穴の黒ずみやにきびが発生


以上の悪条件につながっていきます。
おそろしい.....。


ご自分が「糖分ちょっと多いかな?」と思っている方は、ちょっとだけでも控えてみてはいかがでしょうか。

毛穴にきびの改善は1日にしてならずです!
いっしょにがんばりましょう!




毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

タバコとピルはビタミンキラー?【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

タバコとピル



これは毛穴の黒ずみというよりも、肌全体のために控えた方がよいでしょう。


タバコはニコチンの働きで、体内のビタミンCを大量に消費してしまいます。

ビタミンCの作用としては

・抗炎症作用

・古くなったコラーゲンを新しいコラーゲンに新陳代謝を促す

この2点が、タバコによって働かなくなります。


ニキビなどの毛穴の炎症や肌の新陳代謝にビタミンCが使えないのは肌にとって致命的です。

また、タバコは血管も萎縮させるので、血行の面でも肌には悪いのです。


ピルを飲んでいる方もタバコと同様に、それらを全く使用していない方にくらべて
ビタミンCを大量に消費してしまうそうです。

言い換えると、余計にビタミンC必要ということでしょうか...。


ビタミンCの摂取とともに、タバコピルを少しでも控える方向で取り組んでみてはいかがでしょうか。







毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

スクラブ洗顔【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

スクラブ洗顔


肌に対しては、とにかく「やさしく洗顔、やさしくマッサージが基本である」と
書きました。


私が、その「やさしくする」ということを知らなかった頃のお話です。



以前スクラブ入り洗顔料が出回った頃、それを購入しました。
(しかもハードタイプでした)

「これで毛穴の黒ずみ解消よ!」とばかりに、私はいっしょうけんめいに
洗顔しました。洗顔しまくりました。

つまり、いっしょうけんめいに力を入れて、顔をスクラブでこすりまくりました。



その結果.....

鼻を中心に顔の皮が部分的にめくれてしまい、肌がガサガサに荒れてしまいました。

その時に「力まかせのケアは良くないのだ」と身をもって知りました。

その他にも、ダイエットで「入浴時に体をせっけん+荒塩でもむ」ということを
聞いてやってみた結果、太ももの皮がボロボロになったこともあります。


私はしっぷ負けをしたり、どうも肌が弱いようです。

バカみたいですが、失敗しないとおぼえないタイプなのです。


人の肌や体質は人それぞれ違います。

このことから、自分の肌の強さや肌質、自分の体質などをちゃんとよく知ること
が体のケアへの近道だと思い知りました。


みなさん美肌めざしてがんばりましょう!





毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴吸引について【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴吸引について


これもあまりおすすめはできません。

理由は毛穴パックをおすすめできない理由と同じです。

肌に余計な力がかかり、余計に毛穴が広がる恐れがあるからです。

もし、どうしても毛穴吸引機を使用したいのであれば、
肌や毛穴に力がかからないようにする必要があります。

毛穴吸引機を使用する前に、顔を暖めてあらかじめ毛穴を開いておきます。

その後に毛穴吸引機を使い毛穴を出したあとに、しっかりと毛穴を
ひきしめます。

そうしないと毛穴がひろがってしまいます。

使用後に、しっかりと開いた毛穴を引き締めれば使用しても大丈夫だと思います。
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴 黒ずみにしてはいけないこと【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴 黒ずみにしてはいけないこと



洗顔はスキンケアの基本です。

憎い毛穴の黒ずみを早くどうにかしたい気持ちはわかりますが、

「洗顔時にゴシゴシとこする」

これはやってはいけません!



憎い毛穴ですが、洗顔時にゴシゴシとこすっても毛穴や顔の汚れは落ちません。

汚れは「泡」で落ちるのです。

洗顔料を泡立てネットなどを使って泡立てて、やさしくやさしく洗顔です。


肌の表面はわずか0.3ミリしかありません。

手でこするだけでも傷ついていきます。


肌のマッサージ等でも強くゴシゴシこするのは厳禁です。

肌に関しては「やさしくやさしく」が基本のようです。
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

あぶらとり紙【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

あぶらとり紙


これも実はあまり肌に良くないそうです。

私は脂性肌のため、あぶらとり紙を使うと5、6枚くらい1度に使うのですが、
すべてそれが脂をすってベタベタになります。

このとき「自分の肌は天ぷらのようだ」といつも思います。

それでむきになって、脂がつかなくなるまであぶらとり紙で脂をとりまくっていたのですが、それが良くないようです。


あぶらとり紙で顔の脂をとりすぎると、あぶら分のなくなった肌は
「あぶらがなくなった」と感じて

余計に皮脂を分泌させてしまうそうです!


良かれと思ってやっていた事がかえって肌をダメにしているわけです。



顔のあぶらをとるにはあぶらとり紙よりもティッシュの方が良いそうです。

ティッシュなら面積が大きいので一度に広い面積のあぶらをおさえられるので
何枚もあぶらとり紙を使うより肌にもやさしく、あぶらを取りすぎません。



....私も今度から、ティッシュを使うようにします。

毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴パックについて【毛穴 黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴 黒ずみにしてはいけないこと



2点目の毛穴 黒ずみにしてはいけないこと....。

それは「毛穴パック」です。


昔は私もこれをよく使っていました。


直接とれた角栓を見ることができるので、ちゃんと取れている感じがして
よく使っていたのですが、やはりこれを使うと、無理やりに毛穴から角栓を
はがしていくので肌にとってとても刺激が強いです。

これを使用して余計に毛穴がひろがったり、ひろがった毛穴に
かえって汚れがたまりやすくなったりします。

また、皮膚の専門家の先生によると、あまりに強力な毛穴パックだと角栓だけで
なく、肌の角層もいっしょにはがしてしまうため、肌にダメージを与えてしまうそうです。



以上の理由で「毛穴パック」はあまりオススメできません。

やはり力ずくの毛穴ケアは良くないということですね。

(そういえば最近はあまりCM等でも毛穴パックの宣伝はみないですね。
 私が知らないだけでしょうか?)
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

毛穴 黒ずみにしてはいけないこと【毛穴黒ずみ対策センター】

毛穴 黒ずみ対策センターです。

毛穴 黒ずみにしてはいけないこと


何点がありますが、1点目としては

「無理に毛穴から角栓をしぼりだすこと」です。


力任せに毛穴に無理に力を入れて角栓をしぼると、鼻が赤くなってしまったり、
ひどい時にはそこから雑菌が入って変に腫れてしまいます。


これは私は経験済みです。

鼻から角栓がニュルンと出てくるのが楽しくて、ついついやってしまいました。
そして余計に鼻の毛穴を荒らしてしまったのは言うまでもありません.....。


やはり鼻の毛穴は洗顔などの地道なケアをこつこつやるのが大事ですね。
毛穴 黒ずみ対策センター トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。